リネンの種類

ハンドメイドリネンを作る際に知っておきたいこととして、リネンの種類があります。

リネンには生地には、ピュアリネンとハーフリネンがあるんですね。


ピュアリネンとは、100%朝出できた生地のこと。
ハーフリネンは、綿を入れた織り交ぜた生地のことです。

洋服の生地としての麻もそうですが、とてもシワになりやすい(シワがとれにくい)のが特徴です。

ハーフリネンは綿が混ざっているため、初めから柔らかいのが特徴です。
同じようなリネンでも、使い方によって分けると良いでしょう。

ピュアリネンは、初めは硬いですが、それを使い込むことで柔らかくなる、その風合いが好まれていますからね。

何に使うかで、リネンを使い分けると良いでしょう。



リネン ハンドメイド

リネンを使ったハンドメイドはいろいろあるんですね。

リネンのハンドメイド品でよくあるのが、バッグやスカート、ワンピース、さらにはポーチ、バック、携帯ケース、財布などがありますね。

まずは、まずお気に入りのリネン生地を見つける事から始めましょう。リネンの生地は通販のサイトや手芸店で入手することが出来ます。

次は、何を作るか、どうやって作るかですね。
本屋に行けば、リネンを使ったハンドメイドの本もたくさん出ています。
型紙も付いているのもアルから、そんな本を買ってきてもリネンのハンドメイド作品ができますね。